スマートフォンとiPhoneの違い

「スマートフォンやiPhoneが旧来の携帯電話(ガラパゴス携帯)と異なることは知っているけれど
あの新しいタイプの携帯電話をスマートフォンという言い方をしたりiPhoneという言い方をしたりする
その区別がわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スマートフォンは、大まかに分類すると、液晶画面が大きくてタッチパネル式の携帯電話ですね。
iPhoneは、これらのスマートフォンの中の種類の一つで、アップル社が開発したもののことです。
ただ、iPhoneという呼び方をする際に、スマートフォンそのものを指す場合と、中身の機能(OS)を指す場合があります。

スマートフォンが動くためにはOS(オペレーティングシステム)が必要ですが、
日本で使われているスマートフォンのOSはおもに、iPhone OS (iOS)かグーグルが出しているAndroid OSの2種類です。
iPhoneが登場した当初は、アップル社のスマートフォンといえば、ソフトバンクモバイルからのみ販売されているios搭載のスマートフォンでした。
今では、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルそれぞれがiPhone搭載スマートフォンを販売しています。

iPhoneは操作の容易さ、セキュリティの高さなどが特徴とされていますが、Flash playerの閲覧ができないなどの難点もあるようです。
AndroidとiPhoneどちらが良いかは、自分に合ったのはどちらかということにつきると思いますので、
ご自分の周りのユーザーのスマートフォンを見せてもらうなどして試してみることをおススメします。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) スマートフォン・iPhoneの特徴をまとめました All Rights Reserved.