スマートフォン・iPhoneの特徴をまとめました TOPコンテンツ一覧 >スマートフォン・iPhoneの特徴:タッチパネル

スマートフォン・iPhoneの特徴:タッチパネル

スマートフォン・iPhoneの最大の特徴は、タッチパネルにあるといえます。

スマートフォン・iPhoneには、旧来の携帯電話にはあったボタンがありません。
電話をかける際などは、液晶画面にボタン画面を呼び出して、画面上のボタンをタッチして操作します。
写真を撮るのも画面上のシャッターボタンを押しますし、前の写真やメールを探すときにはスワイプといって
画面上を指でなぞって操作します。
このような画面操作手段をタッチパネルと呼びます。

「旧来の携帯電話では、ほぼブラインドタッチで歩きながらメールを打ったりできていたのが
スマートフォン・iPhoneでは画面を見ながらでないと操作ができない」、
「入力ミスが増えてしまう」「画面が汚れる」などの欠点もありますが
タッチパネルならではの利点もたくさんあります。

たとえば、画面を拡大したいときには複数の指で画面を物理的に広げるように触ると拡大します。
「老眼で携帯電話の文字や写真を見るのが辛くて……」という方も、ちょっと読みにくいところは
拡大すれば解決します。
この拡大・縮小という操作も、タッチパネルなら直感的に使い方がわかります。

そのほか、ゲームなどもタッチパネルならではの操作を利用したものもたくさん出ています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) スマートフォン・iPhoneの特徴をまとめました All Rights Reserved.